SAN-EI

契約選手

TIBHARTIBHAR
ウラジミール・サムソノフ
Vladimir
SAMSONOV

ブラディミール・サムソノフ
ベラルーシ
ベラルーシ
1976.4.17生
最高WR:1位
40歳にしてリオ五輪シングルスで4位に入るなど、20年以上にわたり世界トップでプレーする鉄人。ITTFワールドツアーのシングルス優勝27回は史上最多記録で、2017年には長年の功績を評価され、ベラルーシ大統領から名誉勲章が贈られた。

鉄壁のブロックがプレーの最大の特徴で、長い手足を活かしたラリーは安定感抜群。
2016年にはリオオリンピックで水谷隼と銅メダルを競い、2018年の世界卓球では日本の若きエース張本智和と死闘を演じたのも記憶に新しい。

現在ロシアプレミアリーグのオレンジブルクに所属。水谷隼が一時期同じチームに所属し、チームメイトとしてプレー経験もあり。
(情報提供:卓球王国・他)
所属
ベラルーシナショナルチーム
オレンブルグ(ロシア・プレミアリーグ)

使用用具
blade : FORTINO PRO
rubber : (FH) Evolution MX-P 50°
rubber : (BH) Evolution MX-S

主な戦績

  • ’16 リオデジャネイロオリンピック ベスト4
  • ’13 ワールドカップ ベルギー大会準優勝
  • ’12 ワールドカップ リバプール大会3位
  • ’09 ワールドカップ モスクワ大会優勝
  • ’01 ワールドカップ イタリア大会優勝
  • ’00 シドニーオリンピック ベスト8 他

  • ’19 ヨーロッパトップ16 準優勝
  • ’15 ヨーロッパ競技大会 準優勝
  • ’13 ヨーロッパ選手権 準優勝
  • ’11 ヨーロッパトップ12 準優勝
  • ’10 ヨーロッパトップ12 準優勝
  • ’09 ヨーロッパトップ12 準優勝
  • ’08 ヨーロッパ選手権 準優勝
  • ’08 ヨーロッパトップ12 準優勝
  • ’07 ヨーロッパ選手権 準優勝
  • ’07 ヨーロッパトップ12 優勝
  • ’05 ヨーロッパ選手権 優勝、ダブルス準優勝
  • ’05 ヨーロッパトップ12 準優勝
  • ’03 ヨーロッパ選手権 優勝
  • ’03 ヨーロッパトップ12 準優勝
  • ’02 ヨーロッパトップ12 準優勝
  • ’01 ヨーロッパトップ12 優勝 他

  • ’17 ITTFワールドツアー ベラルーシOP、オーストラリアOP優勝
  • ’15 ITTFワールドツアー カタールOP優勝
  • ’14 ITTFワールドツアー ベラルーシOP、ベルギーOP優勝
  • ’11 ITTFプロツアー モロッコOP優勝
  • ’10 ITTFプロツアー モロッコOP、韓国OP、ポーランドOP優勝
  • ’09 ITTFプロツアー モロッコOP優勝
  • ’08 ITTFプロツアー ベラルーシOP、クウェートOP、スロベニアOP優勝
  • ’07 ITTFプロツアー 台湾OP 優勝
  • ’06 ITTFプロツアー チリOP、クロアチアOP優
  • ’05 ITTFプロツアー ドイツOP、ロシアOP、クロアチアOP優勝
  • ’04 ITTFプロツアー ブラジルOP優勝
  • ’03 ITTFプロツアー カタールOP優勝
  • ’01 ITTFプロツアー ドイツOP優勝
  • ’00 ITTFプロツアー クロアチアOP優勝 他
陳建安
Chen
Chien-An
陳建安
台湾
台湾
1991.6.16生
最高WR:17位
2008年、第6回世界ジュニア卓球選手権マドリード大会の男子シングルスで17歳にして優勝、注目を浴びる。
2013年第52回世界卓球選手権パリ大会の男子ダブルスでは中国を破り優勝するなどの成績を残し、2014年リオオリンピックにも不動のメンバーとして出場。現在荘智淵と共に台湾のエースとして活躍している選手。
2018年開幕したTリーグに参加、琉球アスティーダ所属。
所属
台湾ナショナルチーム
Tリーグ 琉球アスティーダ

使用用具
blade : CCA Unlimited (日本未発売)
rubber : (FH) Evolution MX-P
rubber : (BH) 5Q VIP(日本未発売)

主な戦績

  • ’17世界選手権 デュッセルドルフ大会 混合ダブルス 準優勝
  • ’14 第52回世界卓球選手権団体戦(東京大会) 男子団体 3位
  • ’13世界選手権 パリ大会 ダブルス 優勝(荘智淵と)
  • ’13 第27回ユニバーシアード競技大会(カザン)卓球競技 男子シングルス 3位

  • ’08世界ジュニア選手権 マドリード大会 優勝

  • ’16 ITTFワールドツアー ハンガリーOP 準優勝
  • ’16 ITTFワールドツアー 韓国OP 3位
  • ’15 ITTFワールドツアー ハンガリーOP 3位
  • ’14 ITTFワールドツアー カタールOP 3位
  • ’13 ITTFワールドツアー ジャパンOP 3位

  • ’08世界ジュニアサーキット 太原大会 優勝
  • ’07世界ジュニアサーキット サンサルバドル大会 準優勝
  • ’06世界ジュニアサーキット サンサルバドル大会、カルカッタ大会 3位
ベルナデッテ・スッチ
Bernadette
SZOCS
ベルナデッテ・スッチ
ルーマニア
ルーマニア
1995年生
最高WR:14位
2009年の世界ジュニア選手権で14歳でシングルスベスト8に入り、欧州の新星と注目された。 2011年には、世界ジュニアサーキットで3大会優勝し、さらにここ最近メキメキと力をつけ、2018年のヨーロッパトップ16で初優勝。ヨーロッパ女王となった。

ドライブにスマッシュも織り交ぜたプレーで、試合中はガッツ溢れるド根性ガール。特に団体戦での勝負強さは抜群で、大舞台になるほど力を発揮するタイプと言える。兄も今大会のルーマニア代表。

またスッチはフォトジェニックな美貌を持つ女子卓球選手として国内外で話題。美貌と実力を兼ね備えたプレーヤーとして活躍が期待されています。
(情報提供:卓球王国・他)
所属
ルーマニアナショナルチーム

使用用具
blade : Samsonov Force Pro Black Edition
rubber : (FH) Evolution MX-P
rubber : (BH) Evolution EL-P

主な戦績

  • ’13 世界ジュニア選手権 モロッコ大会 ベスト8 ダブルスベスト8
  • ’12 世界ジュニア選手権 インド大会 ベスト8 ダブルス3位
  • ’11 世界ジュニア選手権 ブルネイ大会 ダブルス3位
  • ’09 世界ジュニア選手権 コロンビア大会 ベスト8

  • ’19 ヨーロッパTOP16 準優勝
  • ’18 ヨーロッパTOP16 優勝
  • ’17 ヨーロッパ選手権 団体優勝
  • ’16 ヨーロッパ選手権 ミックスダブルス3位
  • ’11 ヨーロッパユース選手権 ジュニア シングルス、ダブルス優勝
  • ’10 ヨーロッパユース選手権 カデット シングルス、ダブルス優勝
  • ’09 ヨーロッパユース選手権 カデット ダブルス優勝

  • ’19 ITTFヨーロッパ選手権 女子チーム 優勝
  • ’14 ITTFワールドツアー ベルギーOP ベスト8
  • ’13 ITTFワールドツアー ドイツOP ダブルス3位

  • ’13 世界ジュニアサーキット ハンガリー大会優勝
  • ’12 世界ジュニアサーキット 2大会優勝
  • ’11 世界ジュニアサーキットファイナル 5位
  • ’11 世界ジュニアサーキット 3大会優勝
田添 響
Hibiki
TAZOE
田添 響
日本
日本
1996.6.2生
最高WR:251位
6歳から卓球をはじめ、石田卓球クラブで才能を開花。ナショナルチームにも所属し、高校時代にはインターハイで母校初の団体優勝、ダブルスでも2年連続3位入賞を飾る。
専修大学に入学後2017年ドイツブンデスリーガ2部に参戦し、22勝3敗という好成績を修め、2018年全日本大学総合卓球選手権大会・男子シングルス準優勝、全日本選手権大会シングルスベスト8(ランキング入り)を経て、現在は兄の田添健太選手とともに木下グループ所属メンバーとしてTリーグへ参戦中。
所属
Tリーグ 木下グループ(木下マイスター東京)

使用用具
blade : TIBHAR FORTINO Pro(予定)
rubber : (FH) Evolution MX-S
rubber : (BH) Evolution MX-P

主な戦績

  • ’16 ITTFチャレンジオープン 男子シングルス 3位
  • ’16 ITTFチャレンジスロベニアオープン シングルス ベスト16
  • ’17 ドイツブンデスリーグ2部 成績22勝3敗
  • ’17 関東学生卓球選手権大会 男子シングルス 優勝
  • ’18 全日本大学総合卓球選手権大会
    団体の部 優勝(殊勲賞)・男子シングルス 準優勝
  • ’18 全日本選手権大会 男子シングルス ベスト8
  • ’19 天皇杯・皇后杯 全日本卓球選手権大会 男子シングルス ベスト8
  • ’19 Tリーグ9/7 T.T彩たま戦で初勝利を飾る

<田添 響(たぞえ ひびき)選手プロフィール>
所 属:木下グループ
生年月日:1996年6月2日(23歳)
出身地:福岡県北九州市
学 歴:中間東中学→希望ヶ丘高校→専修大学
身長・体重:178cm・65kg
戦 型:右シェーク攻撃型
リコー卓球部
リコー卓球部
写真提供:日本卓球リーグ実業団連盟
日本
「明・厳・夢」(明るく、厳しく、夢を持って)が合言葉。
厳しい企業スポーツの中で「仕事と卓球の両立」をモットーとし、きちんと働き、練習もこなすハードな毎日をこなしている。

2018年春から使用ラバーをTIBHARに変更して臨んだ日本リーグで、創部以来の悲願であった初優勝を飾ると、前日本卓球選手権大会で団体優勝、日本リーグプレーオフ JTTLファイナル4でリーグ総合優勝を達成するなど、次々と好成績を残し、リーグに旋風を巻き起こした!

所属
リコー卓球部

使用用具
blade : Samsonov Force Pro Black Edition
rubber : (FH) Evolution MX-P
rubber : (BH) Evolution EL-P

主な戦績

創部60年目にして初の快挙!!
平成30年度前期日本リーグ高知大会優勝!!

平成30年度全日本卓球選手権大会(団体の部)において、創部初の優勝!
平成30年度日本リーグプレーオフ JTTLファイナル4において、悲願のリーグ年間総合優勝!
第69回全日本実業団選手権大会2年連続準優勝!

PDF製品カタログ(PDF)