卓球のSAN-EI
トップページ / 製品の特徴と解説 / 卓球台 /

卓球台の構造

 

卓球台の構造

【脚部の構造】

三英の卓球台は、脚部にも使いやすさと機能性を支える工夫が施されています。

天板取付式特殊蝶番

天板取付式特殊蝶番 PAT

現在市販されている多くの卓球台は、脚部連結板に、蝶番機能を含んだものが多くみられます。 この部分は脚を収納する為に、必要な力が集中することに加え卓球台を収納する際など接触による破損がおきやすいものです。

三英ではベリックに全て天板取付式特殊蝶番を採用しています。これにより、おりたたみ時に要する力を分散し、更に、独自のスライド式蝶番構造により、常に安定した開閉動作を保ちます。


脚部組立構造

脚部組立構造

卓球台脚部の回転部には、指の挟みこみ防止機能と、金属磨耗を防ぐことを両立した厚手の硬質樹脂ワッシャーが使用され、常に安定した動きが保たれるよう設計されています。


Copyright(C) 1998-2006 SAN-EI Corporation All rights reserved.