卓球のSAN-EI
トップページ /

保守点検のご案内

 

公園遊具の保守点検

公園遊具の保守点検

【三英は保守点検の専門集団】

三英では保守点検の専門スタッフ集団 “サイトサービス部” が “メンテナンス・ドクター”システムを設けてアフターサービスに努めています。これはテクノ(技術)サービスの使命を追求し、安全で快適な公園施設、スポーツ施設のトータルな保守点検業務で、自社製品はもちろん他社製品まで、各項目ごとの厳しいチェックを定期的に行い、必要に応じた細部にわたる工事及びメンテナンスサービスで豊かな生活環境づくりの維持管理を実現するシステムです。 点検・保守には(一社)日本公園施設業協会の認定を受けた「公園施設製品安全管理士」と「公園施設製品整備技士」が責任を持って当たります。

公園施設製品安全管理士、公園施設製品整備技士

【保守点検の流れ】

  1. 点検品目明細・点検項目見積書提出

    お客様の公園施設一覧表をもとに、点検品目明細とその点検項目のお見積をご提案させていただきます。
  2. 契 約

    年間契約又はスポット契約の2種類からお選びいただけます。
  3. 点検作業

    国土交通省による「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」及び(一社)日本公園施設業協会の「遊具の安全に関する規準」を基に顧客の要請により劣化診断、規準診断、測定機器を使用した精密点検を行います。構造部材から据え付け状況、サビ状態、さらにはロープやチェーンの点検など多岐にわたり、“トルクレンチ”や鋼材の“肉厚測定器”などの特殊工具、測定器を使って入念なチェックを行います。
  4. 点検報告書・修理見積書提出

    点検結果に基づいて、機能の部品における総合評価を行い、写真貼り付けの上、報告書を提出いたします。
  5. 修 理

  6. 修理完了

    特別な加工を必要としない修理は、見積から作業完了まで1〜2週間。メーカーならではの迅速な対応で、公園施設の危険や不快を未然に防ぐことができます。

【保守点検実績一覧】

三英は全国各地の公園・広場その他遊具のあるさまざまな場所で保守点検業務を行っています。

社団法人日本公園施設業協会
Copyright(C) 1998-2006 SAN-EI Corporation All rights reserved.