卓球のSAN-EI
トップページ /

卓球台を正しく安全にお使い頂くために

 

卓球台を正しく安全にお使い頂くために

卓球台は大きく重量があり、誤った使い方をすると死亡あるいは重軽傷を負う事故につながる恐れがあります。卓球台に添付されている取扱説明書をよくお読みの上、正しくお取り扱いください。

なお、本ページ内におきまして最新版の取扱説明書のダウンロードが可能ですのでご活用下さい。

卓球台の日常のメンテナンス


弊社卓球台は創立以来多くのお客様にご利用頂いており、5年・10年・20年と長期に渡りご愛顧頂いております。しかしながら、ご使用頂いている間に経年劣化による部材の破損や故障が発生して参ります。

これらは、ご購入されたお客様、管理者様が日常点検・メンテナンスを実施して頂くことにより、不意な事故や故障などを防ぐ事が出来ます。
詳しくは、別紙をご参照ください。

卓球台の正しい使い方


卓球台取扱い注意事項


SGマーク付卓球台


SG(Safety Goods)基準は、安全な消費生活を営めるよう、1973年に国により制定された「消費生活用製品安全法」に基き制定された基準です。
SG基準に選定された製品を製造するメーカーは、製造工場または製品ごとに製品安全協会の評価を受け、SG基準を満たしているかどうかの判定により「SGマーク」を表示する事が許されます。

SGマーク付卓球台の詳細はこちらから

取扱説明書ダウンロード


get Adobe Reader

PDFファイルを見るにはAdobe Readerが必要です。
アドビシステムズ株式会社より無償配布のAdobe Readerをダウンロードしてください。

内折式卓球台用

【内折式卓球台用】

2枚の天板が中央で接続されているタイプです。

セパレート式卓球台用

【セパレート式卓球台用】

2枚の天板が離れて、それぞれ独立している卓球台です。

セパレート式卓球台(天板高さが調節出来るタイプ)

【セパレート式卓球台(天板高さが調節出来るタイプ)】

2枚の天板が離れて、それぞれ独立している卓球台です。

セパレート式卓球台に関するご注意とお願い

セパレート式卓球台

【セパレート式卓球台】

2枚の天板が離れて、それぞれ独立している卓球台。


これは使用時においてプレーヤーが卓球台に触れるなどした時に、自然に脚部が折りたたまない様に補助する装置です。

 

写真のストッパーが装着されていないセパレート式卓球台(主に1998年以前の卓球台)に関しても、何ら問題なく使用して頂けますが、【ネットサポート側から天板を押す】【プレー中卓球台に接触し、相手側の卓球台を押す】【天板をエンドライン方向に引っ張る】など、過度な荷重をかけた場合には、卓球台が転倒する可能性があります。

 

機種により可否がございますが、現在採用されている物と同様の【使用時転倒防止ストッパー】を、後付けする事も可能ですので、弊社までお問い合わせ下さい。

卓球台に付いている転倒防止ストッパー
部分が【使用時転倒防止ストッパー】です。

Copyright(C) 1998-2013 SAN-EI Corporation All rights reserved.