Home > スポーツ事業部 | 三英 > 「JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会」の公式ロゴが発表されました。

「JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会」の公式ロゴが発表されました。

2014年4月28日から開催される同大会の正式ロゴが発表になりました。
三英では、1991年千葉大会、2001年大阪大会、2009年横浜大会に続き、国内開催4大会連続での公式用具スポンサーとして全力でサポートして参ります。

 
これまでの大会サポート

 
<大会概要等>

大会名称 JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会
開催日程 2014年4月28日(月)から5月5日(月)の8日間
競技会場 国立代々木競技場 第一体育館 及び 東京体育館メインアリーナ
競技種目 男女団体戦

 
<大会開催の背景>
2011年3月11日に発生した東日本大震災の直後、国際卓球連盟(ITTF)アダム・シャララ会長から、被災した東日本地区と卓球の仲間に対するお見舞いのメッセージとともに、「日本はこの未曾有の困難に対しても、高い精神と団結力で復興に立ち上がっていくものと確信している」との、激励の言葉が届けられました。

そして同年4月上旬、シャララ会長から、「現在、東日本大震災の影響で日本は非常に厳しい状況にありますが、このような時こそ、復興への動きと合わせ、世界卓球選手権大会の開催を検討してみてはどうですか」という提案がなされました。日本卓球協会(JTTA)は理事会を行い、日本での開催について協議した結果、「東日本大震災による被災と、福島原発の影響により、日本全体が厳しい社会・生活環境に陥っているが、被災地復興への元気付けを行うとともに、世界に対しても日本は大丈夫であることを示していくべきである」との意見をとりまとめました。

これを受け、2014年世界卓球団体選手権大会の開催地として立候補することとし、2011年4月25日に、ITTFに対し、立候補の意思を伝えました。

そして、2011年5月10日、オランダ・ロッテルダムでのITTF総会における2014年大会の開催地決定の議事に際し、既に立候補をしていたカタール卓球協会から、「日本を支持し、立候補を取り下げたい。」との申し出が行われ、ITTF総会出席者の満場一致により、東京開催が決定しました。

JA全農2014年世界卓球団体選手権大会の開催が決定した背景には、このような、世界の卓球の仲間からの暖かい支援があったのです。

(公式予告サイトより)

Home > スポーツ事業部 | 三英 > 「JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会」の公式ロゴが発表されました。

Search
Feeds
Meta

Return to page top